洗濯:黄ばみ黒ずみ

 ドラム式洗濯機を使っています。取扱説明書にしたがって洗濯を繰り返していると黄ばみや黒ずみ、臭いなどが発生しました。

取扱説明書には、

「ドラム式洗濯機は、少ない水で洗うため、色移りや黒ずみが目立つことがあります。」

解決方法は、40℃のお湯に洗剤をよく溶かし、衣類を一晩着け置いてから洗濯する、とありました。

 洗濯の目的は、洗濯物をきれいに、清潔にすることです。

洗濯機の取扱説明書を逸脱することにより、黄ばみ黒ずみや臭いがつかない洗濯が実現できました。

ここで行った給湯管からの直接給湯や粉石けんの使用は説明書で禁止されていますので、故障が生じてもメーカー保証の対象となりません。試される場合には自己責任でお願いします。


  1. 45℃の給湯
  2. 粉石けん+過炭酸ナトリウム
  3. 洗濯の成果

1.45℃の給湯

洗濯機用蛇口に湯水混合水栓を設置しています。これにより、洗濯機の中で水をお湯に温めるよりも効率よく洗濯にお湯を使えます。

洗濯前、初期のぬるい水はバケツに取り置き、別用途に使います。

設定温度45℃のお湯が出てきたら一度洗濯機をストップします。


2.粉石けん+過炭酸ナトリウム

洗剤投入口に粉石けん+過炭酸ナトリウムを入れます。

45℃のお湯でよく溶け、溶け残りもありませんので、洗濯機に害を及ぼしていません。

洗濯スタートを押し、1分程度洗濯し、再びストップを押します。

5分休み、1分洗濯を繰り返し、つけ置き、撹拌で少量の水でも衣類を傷めない洗濯を行います。すすぎ以降は給湯温度を下げ、洗濯機が自動的に洗濯を終えます。


3.洗濯の成果

黄ばみ・黒ずみや臭いはなくなりました。一夏着ずに置いた長袖ワイシャツも白いです。

洗濯の目的が達成されました。